内藤証券

エントリー

会社を知る

まずは自分自身を知ること
それこそが社会に飛び出す皆さんの飛躍に繋がる第一歩

制度を知る

新入社員は入社時にまず『社会人としての基礎』と『金融に関する知識や営業の基礎』を学びます。

仕事を知る

内藤証券には、大きく分けて5つの部門があり、様々な部署で様々なプロフェッショナルが活躍しています。
ここでは各部門における業務内容について、ご紹介致します。

FAQ

様々な疑問について、よくある質問を掲載しています。

仕事・配属

新卒採用

初配属の勤務地希望は通りますか

社会人になって初めての配属先は、転機としても大きな意味を持つものです。勿論会社組織ですので、必ずしもご希望通りの配属先にアサインされるとは限りませんが、内定後に一人ひとり状況や要望意向を確認しながら、第3希望までのヒアリングを行い、ご希望にできるだけ沿う形での人員配置となるよう調整しています。

入社後、営業ですぐにお客様の引継ぎはあるのですか

総合職営業の新入社員へのお客様の引継ぎは行っておりません。入社1年目はまず新規開拓からスタートし、自身が担当するお客様を徐々に増やして頂きながら、2年目より引継ぎが行われます。

入社後、営業での個人目標値はどのように設定されていますか

入社後2年間は、いわゆるノルマ的な個人の売上目標設定はありません。一般的に証券営業はノルマが厳しい、仕事がハードという過度なマイナスイメージを持たれがちですが、お客様の大切な資産をお預かりする仕事であり、まず第一にお客様からの信用がなければお取引自体が成り立たない上、幅広い知識や日々移り行く経済や世界情勢への理解、そして高い倫理観や責任感が求められる業務です。 一人の営業員が、確実な知識やアドバイザーとしての対応力を持ち、お客様に安心してお取引をして頂きながら、長きにわたって安定した関係構築を築けるまでに成長することは、一朝一タで実現するものではありません。営業員として、本当の意味での実力や経験値を培っていくには、当然のことながら一定期間が必要です。そのような背景から、入社から最低3年間は営業現場で実践を積み、数々の資格取得やその他金融関連の研鑽を行いながら、自分なりの営業手法を確立する期間として会社で位置づけています。特に入社1 ~ 2年目に於いては、目先の成果だけに捉われることなく、腰を据えて基盤を固めて欲しいと考えているからこそ、個人目標値は敢えて設定していません。

新卒・キャリア・障がい者採用 共通

定期的な異動の有無とその頻度は

社内規定では、同一部署や支店における厳密な配属期間や異動年次等は明示しておりませんが、基本的に総合職については、転勤や異動の対象となります。組織の事業方針や配属先のニーズに応じて異動が発生する為、個人によってその頻度や配属先は異なります。但し、キャリア採用において、高い専門性と技量そして特別な資格を保有しているなど、余人をもって代えがたい人員の場合は、特定部署に限定しての就労となることもあります。また、障がい者採用においても、求人時に提示した要件に該当する部署及び担当業務に従事することになる為、原則として異動は伴わないとお考え下さい。

他の職務への希望は出せますか

職務系列(総合職・エリア総合職・一般職・コール職等)の変更希望については、原則として年に1回、毎年11月に希望を申告することが可能です。最終的には経営判断により、変更の可否が決定されます。