内藤証券

エントリー

会社を知る

自分の個性を大切にして、自由に羽ばたいて欲しい。
自分の足で現場を踏むこと、自分の感性を磨いて状況判断することが大切。

制度を知る

新入社員は入社時にまず『社会人としての基礎』と『金融に関する知識や営業の基礎』を学びます。

仕事を知る

内藤証券には、大きく分けて5つの部門があり、様々な部署で様々なプロフェッショナルが活躍しています。
ここでは各部門における業務内容について、ご紹介致します。

FAQ

様々な疑問について、よくある質問を掲載しています。

福利厚生

リフレッシュ休暇はありますか?

有休とは別枠で、年8日間のリフレッシュ休暇があり、上期に5日間、下期に3日間という内訳で全社員が取得するものです。休暇の取り方によって、最短3~9日連休となります。

社宅制度について

社宅制度には、家族同伴で赴任する『一般社宅』、既婚者が単身で赴任する『単身赴任住宅』、独身者が赴任する際の『独身社宅』の3種類があり、現在の居住地から赴任地への通勤が困難であると会社が認めた場合に、当該従業員の居宅として住宅施設を借り上げます(原則、赴任地への通勤が困難な場合とは、片道2時間程度と定義しています)。当社規定で上限金額の設定はございますが、家賃+共益費の4割(東京地区)か5割(その他の地区)負担で利用が可能です。

産前産後休暇、育児休業制度等

就業規則には、特別休暇にあたる、産前6週間(多胎の場合は14週間)、産後8週間の産前産後休暇制度を設けています。また子供が1歳2か月に達するまでの期間に、出生日以後の産前産後休暇と育児休業期間との合計が1年まで育児休業を取得可能な旨定めています。現在、当該休暇・休業取得率及び復職率は100%で、制度を上手く活用しながら、仕事と家庭の両立をしている社員が殆どです。また、この他に産休復帰後、満3歳に達するまでの子供を養育する従業員は、1日の所定労働時間を6時間まで短縮できる育児短時間勤務や所定外労働の免除等の制度も利用することができます。

介護休業・介護休暇制度等

介護休業においても、所定の条件下において対象家族1人につき3回まで(原則として、通算93日間の範囲内で)取得することが可能です。介護休暇制度は、要介護状態にある家族の介護その他の世話をする従業員が、当該家族1人の場合は1年間につき5日、2人以上の場合は10日を限度として、取得できるものです。

その他の福利厚生は?

【制度を知る】→【福利厚生】をご参照ください。