内藤証券

マーケット情報

お取扱商品のマーケット情報をご覧いただけます。

お客様サポート

取引方法やよくあるご質問等をまとめています。お探しの情報が見つからない場合は、お電話でお取引店へお問い合わせください。

国内株の魅力

豊富な銘柄選択肢

 東京証券取引所に上場している企業数は3,598社あります(※1)。国内株取引の魅力は、これらの企業に投資できる選択肢の多さ(※2)と、豊富な情報量といえるでしょう。
 ビジネスモデルや経営ビジョン、業績計画などは企業のホームページで閲覧することができるので、誰でも投資したい企業の中身を調べることが可能です。

1 出所:日本取引所グループ「上場会社数」(2018年9月末現在、プロマーケット除く)

2 証券会社によってはお取り扱いのない銘柄があります。

配当金を受け取ることができる

 株式投資のメリットは、株価の値上がり益を期待できることです。また、投資先企業の利益から還元される配当金を受け取る楽しみもあります。

 前者は株式の保有期間に関係なく、買った値段よりも株価が上昇すれば得られる、まさに株式投資の醍醐味といえるでしょう。一方後者の場合、継続して配当金を受け取るためには一定の株式保有期間が必要になりますから、じっくり腰を据えて企業を応援する投資スタンスといえます。

 企業は投資家(株主)から集めた資金を、自社のさらなる成長のために工場建設や新規事業創出などに使い、利益が出ればその一部を配当金として株主に還元します。
継続的に配当金を出す企業の株主になれば、「ちょっとしたおこづかい」を期待できる楽しみもあります。

株主優待を受けることができる

 自社商品やサービスを知ってもらうため、企業が投資家に優待品を贈呈する制度を「株主優待制度」といいます。上場企業の約4割が実施しているというデータもあり、個人投資家には人気の制度です。

 株主優待の内容は、自社の買い物券や食事割引券、自社施設の利用券など多岐にわたり、株主優待を目当てに株式投資を始める人も少なくありません。生活の一部を優待品で賄う優待投資家も登場しています。最近では、自社の安定的な株主になってもらうことを目的に、一定期間以上保有した株主に追加で優待品を贈呈する企業もあります。

 なお、株主優待や配当金を受け取るためには、その企業が決めた締切日(権利付最終売買日)までに株式を保有していなければなりませんので注意しましょう。

内藤証券独自の情報配信!

 株式投資をするにあたり、銘柄選びや投資タイミングを見極めるのは投資家の悩みどころです。

 当社は、お客様にタイムリーで分かりやすい情報配信を心がけています。レポート配信はもちろん、自社スタジオから生放送による映像配信も行っています。

レポート

口座をお持ちのお客様は、以下のレポートを無料でご覧になれます。

レポート名
配信頻度
モーニングレポート
毎営業日
個別銘柄レポート
スポットニュース
不定期
ウィークリーレポート 毎週月曜日
マンスリーレポート(内藤レポート) 毎月第1週
今月の株主優待 毎月最終週

国内株レポート

自社スタジオ「Kabuスタ7110」

 東京・兜町界隈にある証券会社の中で唯一、スタジオを併設しています。

 茅場町交差点にあるスタジオ「Kabuスタ7110」から、毎週月・水・金曜日にインターネット放送局「ストックボイス」で解説番組を放送しています。放送中は、外からガラス越しに中の様子を見ることができ、スピーカーを通じて情報を聞くこともできます。配信された動画は、TVやインターネットでご覧いただけます。

オンデマンド放送

Kabuスタ7110
Kabuスタ7110

国内株式・国内ETF・ETN・REIT・上場新株予約権証券(ライツ)に係るリスク
株式等は株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は連動対象となっている指数や指標等の変動等、上場投資証券(ETN)は連動対象となっている指数や指標等の変動等や発行体となる金融機関の信用力悪化等、上場不動産投資信託証券(REIT)は運用不動産の価格や収益力の変動等、ライツは転換後の価格や評価額の変動等により、損失が生じるおそれがあります。※ライツは上場および行使期間に定めがあり、当該期間内に行使しない場合には、投資金額を全額失うことがあります。
国内株式・国内ETF・ETN・REIT・上場新株予約権証券(ライツ)の手数料について
国内株式 国内ETF・ETN・REIT・上場新株予約権証券(ライツ)に係る手数料はお客様の取引形態により違いがあるため、投資にかかる手数料についてはこちらをご確認ください。
国内株式 国内ETF・ETN・REIT・上場新株予約権証券(ライツ)に係る取引は、クーリング・オフの対象にはなりません。