新着情報

過去のニュース 2012
12.12.28
中国株ウィークリーレポート(1222-1228)
都市化推進など中国当局の政策を好感し、両市場とも堅調
12.12.27
【新規銘柄取扱い開始】中国白銀集団(00815)
12.12.27
【新規銘柄取扱い開始】恵生工程(02236)
12.12.27
年末年始のサービス時間のご案内
12.12.26
2013年新春株式セミナーのご案内
12.12.21
中国株ウィークリーレポート(1215-1221)
高値警戒感が燻るなか、“財政の崖”への懸念が続き利益確定売りが増加
12.12.21
信用取引の制度改正に伴うルール変更について
12.12.21
信用取引の契約締結前交付書面のご確認のお願い
12.12.21
信用取引の契約締結前交付書面のご確認のお願い
12.12.21
信用取引の制度改正に伴うルール変更について
12.12.17
【中国株障害】上海市場の指数情報の配信障害について
12.12.14
中国株ウィークリーレポート(1208-1214)
経済政策への期待感、良好な主要統計が景気敏感株への買いを後押し
12.12.11
N-STAGE、N-STAGE WEB機能追加のお知らせ
12.12.10
【キャンペーン】移管入庫キャンペーン 移管手数料を全額キャッシュバック!!
12.12.07
中国株ウィークリーレポート(1201-1207)
景気回復、政策期待を織り込み本土市場が反発、香港も追随して上昇
12.12.07
上場が相次ぎ予定されるREIT(不動産投信)
12.12.06
【新規銘柄取扱い開始】中国人民保険集団(01339)
12.12.05
上海街角だよりを更新しました。
上海D.I.Y事情
12.12.04
T&Cフィナンシャルリサーチ社の社名変更について
12.12.04
【新規銘柄取扱い開始】鄭州煤砿機械(00564)
12.12.03
チャイナマンスリーレポート12月号を掲載しました。
景気指標は引き続き改善、海外資金の流入が香港市場を押し上げる
12.11.30
中国株ウィークリーレポート(1124-1130)
“財政の崖”が翻弄するも香港は続伸、しかし本土は安値更新と明暗が分かれる
12.11.28
【新規銘柄取扱い開始】新城発展(01030)
12.11.26
中国株ウィークリーレポート(1117-1123)
中国経済の回復を見込み海外勢主導の買い戻しに、一方で国内投資家の動きは鈍い
12.11.26
【新規銘柄取扱い開始】翠華控股(01314)
12.11.22
【新規銘柄取扱い開始】カサブランカグループ(02223)
12.11.22
【新規銘柄取扱い開始】旭輝控股(00884)
12.11.16
中国株ウィークリーレポート(1110-1116)
“財政の崖”、ギリシャ情勢など米欧発の悪材料が重しに、党大会で手控え感も強い
12.11.16
【時流レポート】鶴のひと声~ポストBRICsの本命、トルコ~を掲載しました。
12.11.09
中国株ウィークリーレポート(1103-1109)
大統領選挙、共産党大会開幕というビッグイベントを迎え買い手控えムードが蔓延
12.11.08
中国株ニュースの日付表示の変更について
12.11.05
【時流レポート】鶴のひと声~経済指標が示す米国景気の本格回復、長期上昇相場へ~を掲載しました。
12.11.05
上海街角だよりを更新しました。
上海の冬支度
12.11.02
中国株ウィークリーレポート(1027-1102)
景気底入れ期待を背景に人民元・香港ドルが上昇、つれて両市場も反発
12.11.02
【重要】不正な画面を表示させて情報を盗み取ろうとする犯罪について
12.11.01
【キャンペーン】移管入庫キャンペーン 移管手数料を全額キャッシュバック!!
12.10.30
【新規銘柄取扱い開始】天馬娯楽(08039)
12.10.30
【CFD】米国株式(個別株)CFD取扱開始のお知らせ
12.10.29
【新規銘柄取扱い開始】復星医薬(02196)
12.10.26
中国株ウィークリーレポート(1020-1026)
景気底入れ期待から海外マネーの流入はみられるも、企業業績の悪化懸念が重しに
12.10.19
中国株ウィークリーレポート(1013-1019)
強弱両面の統計内容を経て市場は景気底入れを期待、両市場は続伸に
12.10.19
募集の取扱い等に係る株券等のお客さまへの配分に関する基本方針の改正について
12.10.17
【新規銘柄取扱い開始】新利控股(01240)
12.10.16
【時流レポート】鶴のひと声~オルタナティブ投資の雄、J-REIT~ を掲載しました。
12.10.15
【キャンペーン】新規口座開設で、買付手数料を実質0円に
12.10.12
中国株ウィークリーレポート(1006-1012)
連休明けも中国当局の政策を材料に堅調推移、一方で世界経済の減速懸念が重しに
12.10.12
【新規銘柄取扱い開始】KFM金徳(03816)
12.10.05
中国株ウィークリーレポート(0929-1005)
大型連休に入り本土が休場、香港は引き続き堅調な地合いに
12.10.01
チャイナマンスリーレポート10月号を掲載しました。
日米欧が金融緩和で揃い踏み、その中でもQE3の効果に注目
12.09.28
中国株ウィークリーレポート(0922-0928)
大型連休前の両市場は中国当局の景気・株価対策をめぐる思惑買いが先行
12.09.28
上海街角だよりを更新しました。
上海の秋の味覚
12.09.21
中国株ウィークリーレポート(0915-0921)
日米欧の金融緩和が下支えするも国内景気の懸念は消えず、両市場で明暗を分ける
12.09.14
中国株ウィークリーレポート(0908-0914)
QE3 、中国の景気対策などが具体化、良好な外部環境を追い風に香港は上昇
12.09.07
中国株ウィークリーレポート(0901-0907)
米欧の中央銀行の動向が買い材料に、中国の政策期待も再び高まり4週ぶりの反発
12.09.07
中国株ウィークリーレポート(0901-0907)
米欧の中央銀行の動向が買い材料に、中国の政策期待も再び高まり4週ぶりの反発
12.09.03
チャイナマンスリーレポート9月号を掲載しました。
特集:重要イベントを前に消費シーズン「金九銀十」が到来、消費関連の大手企業に注目
12.08.31
中国株ウィークリーレポート(0825-0831)
当局への失望感が募るなか、弱い企業決算が引き続き売り材料に
12.08.31
上海B株市場・深センB株市場の取引所税の一部引き下げについて
12.08.31
上海街角だよりを更新しました。
上海の月餅シーズン
12.08.24
中国株ウィークリーレポート(0818-0824)
金融緩和をめぐる観測が交錯するなか、弱いPMI・企業決算が悪材料に
12.08.23
【新規銘柄取扱い開始】英裘(控股)(08168)
12.08.17
中国株ウィークリーレポート(0811-0817)
企業業績が不振のなか、中国当局の政策対応への苛立ちも
12.08.10
中国株ウィークリーレポート(0804-0810)
米雇用統計などを受けて外部環境が更に改善、中国のインフレ鈍化も買い材料に
12.08.09
平成24年7月29日(日)スマートフォンサイトがスタート
12.08.03
中国株ウィークリーレポート(0728-0803)
金融緩和・景気対策への期待感と企業業績の悪化懸念が錯綜
12.08.03
【新規銘柄取扱い開始】ダイナムジャパン(06889)
12.08.01
中国株予想データの拡充のお知らせ
12.08.01
チャイナマンスリーレポート8月号を掲載しました。
「フォーチュン・グローバル500社」…世界での存在感を高める中国企業
12.07.31
約款・規定集一部改定について【最良執行方針・インターネット取引取扱規定】
12.07.27
中国株ウィークリーレポート(0721-0727)
欧州債務問題が再燃、企業業績の悪化傾向も売り材料に
12.07.25
モバイルトレード チャート変更のお知らせ
12.07.24
7月24日(火)[香港市場]後場から取引開始について
12.07.24
7月24日(火)香港市場の取引一部停止について
12.07.23
Touchトレードサービス終了のお知らせ
12.07.20
中国株ウィークリーレポート(0714-0720)
中国の景気対策が相場を下支え、一方で企業業績の悪化が足を引っ張る
12.07.20
平成24年7月29日(日)スマートフォンサイトがスタート
12.07.20
スマートフォン取引サービス開始記念キャンペーン !!
期間中にインターネット取引口座を新規に開設した個人のお客様を対象に、キャンペーン期間中に取引された日本株(現物・信用)と中国株の取引にかかる手数料(中国株は国内手数料のみ)を最大30,000円キャッシュバックするキャンペーンを実施します。
12.07.19
【新規銘柄取扱い開始】馬仕達国際(08146)
12.07.13
中国株ウィークリーレポート(0707-0713)
米中の経済指標が景気先行きの不透明感を拡大
12.07.12
【新規銘柄取扱い開始】航標控股(01190)
12.07.12
【新規銘柄取扱い開始】順泰控股集団(01335)
12.07.12
【新規銘柄取扱い開始】普甜食品(01699)
12.07.11
【新規銘柄取扱い開始】内モンゴル伊泰石炭'H'(03948)
12.07.11
【新規銘柄取扱い開始】銀仕来控股(01616)
12.07.11
【新規銘柄取扱い開始】中国永達汽車(03669)
12.07.11
【新規銘柄取扱い開始】確利達国際(01332)
12.07.09
【新規銘柄取扱い開始】万国国際砿業(03939)
12.07.06
中国株ウィークリーレポート(0630-0706)
下期1週目は両市場で明暗が分かれる結果に
12.07.05
【新規銘柄取扱い開始】海天水電(08261)
12.07.05
【新規銘柄取扱い開始】美麗家園控股(01237)
12.07.05
【新規銘柄取扱い開始】中リョ国際工程(02068)
12.07.04
【中国株 業界レポート】2012年度版掲載のお知らせ
銀行業界、保険・証券業界
12.07.03
【新規銘柄取扱い開始】小南国餐飲(03666)
12.07.02
上海街角だよりを更新しました。
アーバンリゾート上海
12.07.02
チャイナマンスリーレポート7月号を掲載しました。
特集:上期の総括と下期の展望、政策措置の強化で景気底入れ・株価回復へ
12.06.29
中国株ウィークリーレポート(0623-0629)
香港株は欧州首脳会議の合意内容や、返還記念日を控えた政策期待から反発
12.06.29
【新規銘柄取扱い開始】中国有色砿業(01258)
12.06.28
【中国株 業界レポート】2012年度版掲載のお知らせ
陸運関連業界、海運関連業界
12.06.27
【新規銘柄取扱い開始】華電福新能源(00816)
12.06.27
【中国株 業界レポート】2012年度版掲載のお知らせ
石油・石油化学業界、空運関連業界
12.06.26
【中国株 業界レポート】2012年度版掲載のお知らせ
電力・電力設備・新エネルギー業界、ガス業界、石炭業界
12.06.25
【中国株 業界レポート】2012年度版掲載のお知らせ
建材業界、非鉄金属業界
12.06.22
中国株ウィークリーレポート(0616-0622)
ギリシャ再選挙で最悪シナリオは回避も、世界経済の減速懸念から反落
12.06.22
【中国株 業界レポート】2012年度版掲載のお知らせ
建設・機械業界
12.06.20
【中国株 業界レポート】2012年度版掲載のお知らせ
不動産業界、鉄鋼業界、繊維・アパレル・宝飾品業界、医薬関連業界
12.06.19
【中国株 業界レポート】2012年度版掲載のお知らせ
娯楽・観光業界
12.06.15
中国株ウィークリーレポート(0609-0615)
欧州情勢に振り回されるも、国内景気の不透明感が和らぎ自律反発
12.06.15
【新規銘柄取扱い開始】協衆国際(03663)
12.06.15
【中国株 業界レポート】2012年度版掲載のお知らせ
自動車業界
12.06.14
【中国株 業界レポート】2012年度版掲載のお知らせ
食料品業界
12.06.12
【中国株 業界レポート】2012年度版掲載のお知らせ
IT業界、電子・電器業界、通信業界、流通業界
12.06.12
【新規銘柄取扱い開始】東呉水泥(00695)
12.06.11
【新規銘柄取扱い開始】中国優通(08232)
12.06.08
中国株ウィークリーレポート(0602-0608)
利下げに踏み切るも、世界経済の減速懸念から反応薄
12.06.01
中国株ウィークリーレポート(0526-0601)
景気対策をめぐる思惑買いが入るも、欧州情勢から上値は重い
12.06.01
チャイナマンスリーレポート6月号を掲載しました。
海外情勢は不安定だが、景気対策の本格化で株価も回復へ
12.05.25
中国株ウィークリーレポート(0519-0525)
景気対策への期待感が下支えするも、ギリシャ情勢が依然として重しに
12.05.22
上海街角だよりを更新しました。
上海の路地の今
12.05.18
中国株ウィークリーレポート(0512-0518)
預金準備率の引き下げもギリシャの再選挙決定で株安は止まらず
12.05.15
【新規銘柄取扱い開始】中国城市軌道(08240)
12.05.11
中国株ウィークリーレポート(0505-0511)
選挙結果を受け欧州情勢が再び混迷、世界的な株安に
12.05.07
【新規銘柄取扱い開始】匯聯金融服務(08030)
12.05.04
中国株ウィークリーレポート(0428-0504)
証券市場の活性化策、堅調なPMIが連休明けの買いを後押し
12.05.02
【中国株】2012年5月2日の深セン市場の取次停止について
12.05.01
チャイナマンスリーレポート5月号を掲載しました。
特集:11.12期決算の発表が完了、景気減速下でも利益を稼げる“勝ち組企業”に注目
12.04.27
中国株ウィークリーレポート(0421-0427)
欧州情勢が再び緊迫化、統計・決算発表を通じて国内景気の減速懸念も
12.04.26
【新規銘柄取扱い開始】品牌中国(08219)
12.04.26
【新規銘柄取扱い開始】中国中盛資源(02623)
12.04.26
【新規銘柄取扱い開始】海通証券(06837)
12.04.26
上海街角だよりを更新しました。
開発進む万博跡地
12.04.20
中国株ウィークリーレポート(0414-0420)
スペイン情勢への懸念が後退、人民元の国際化を手がかりとした買いも
12.04.19
【新規銘柄取扱い開始】江南集団(01366)
12.04.17
【新規銘柄取扱い開始】協同通信(01613)
12.04.17
【新規銘柄取扱い開始】CWグループ(01322)
12.04.13
中国株ウィークリーレポート(0407-0413)
主要統計の多くが下振れするも、金融緩和の期待感が下支えに
12.04.13
【中国株】オンラインセミナー録画放送(2012年4月12日分)
12.04.06
中国株ウィークリーレポート(0331-0406)
連休の谷間で薄商いとなるも、PMI、QFIIなどを手がかりに反発
12.04.03
【中国株】参考ポートフォリオ更新のお知らせ
12.04.03
【投資信託】 取扱銘柄追加のお知らせ
12.04.02
チャイナマンスリーレポート4月号を掲載しました。
特集:全人代レポート“7.5%成長“はソフトランディングにプラス、発展モデルの転換を重視
12.03.30
中国株ウィークリーレポート(0324-0330)
一部企業の業績悪化を嫌気、調整局面は変わらず
12.03.30
【新規銘柄取扱い開始】鉅大国際(01329)
12.03.29
【新規銘柄取扱い開始】皓天財経集団(01260)
12.03.23
中国株ウィークリーレポート(0317-0323)
景気の減速懸念が根強いなか、主要企業の業績下振れが重しに
12.03.22
【新規銘柄取扱い開始】力量砿業(01277)
12.03.16
中国株ウィークリーレポート(0310-0316)
景気減速の懸念は残るも、好調な米国経済が地合いを下支え
12.03.16
【中国株】オンラインセミナー録画放送(2012年3月15日分)
12.03.16
【新規銘柄取扱い開始】俊知集団(01300)
12.03.09
中国株ウィークリーレポート(0303-0309)
全人代での政府活動報告が国内景気の減速懸念を増大
12.03.05
上海街角だよりを更新しました。
2008年の上海
12.03.05
国内マーケット情報 今週の見通し (12.3.5)
NYダウ1万3000ドル突破と力強い展開、日本株市場も過熱感ある中でも力強い動きで1万円超えあっても違和感はない
12.03.02
中国株ウィークリーレポート(0225-0302)
「両会」を控え、政策相場の様相へ
12.02.29
【新規銘柄取扱い開始】陽光油砂(02012)
12.02.27
国内マーケット情報 今週の見通し (12.2.27)
世界株市場の中でも日本株市場は久々の勢いを実現、「日本企業再評価」・“円安気味”の流れに乗って暫くは強気姿勢で
12.02.24
中国株ウィークリーレポート(0218-0224)
預金準備率の引き下げ、ギリシャ支援決定も、香港では好材料の出尽くし感に
12.02.22
【新規銘柄取扱い開始】西王特鋼(01266)
12.02.22
【新規銘柄取扱い開始】克莉糸汀(01210)
12.02.20
香港市場 取引時間変更のお知らせ
12.02.20
国内マーケット情報 今週の見通し (12.2.20)
「日銀の本気」で円高修正も進むことが予想されゴールデンクロスも近い、ゴム3社、JAL・ANAなど注目決算相次ぐ
12.02.17
中国株ウィークリーレポート(0211-0217)
ギリシャへの追加支援はようやく着地点へ、戻りを試す局面も変わらず
12.02.17
【中国株】オンラインセミナー録画放送(2012年2月16日分)
2008年との対比で2011年年末の株価の底打ちを予想
12.02.15
中国株情報 第90回 2/15オンデマンド放送のお知らせ
12.02.13
国内マーケット情報 今週の見通し (12.2.13)
高値警戒強く上昇一服だが世界的な金融緩和期待が下支え、日経225ベースの予想EPSは今期急落だが来期急回復へ
12.02.10
中国株ウィークリーレポート(0204-0210)
CPI 上振れも冷静に対応、政策期待や米国景気を手がかりに続伸
12.02.10
香港上場ETF 取扱銘柄の追加のお知らせ
12.02.09
【新規銘柄取扱い開始】必痩站(01830)
12.02.08
中国株情報 第89回 2/7オンデマンド放送のお知らせ
12.02.06
国内マーケット情報 今週の見通し (12.2.6)
好調な米国株市場が世界同時株高を牽引、戻りの鈍い日経平均株価も9000円台回復へ、家電大手3社の底値買いを
12.02.03
中国株ウィークリーレポート(0128-0203)
欧州首脳会談、国内外の景況感指数を手がかりに両市場ともに上昇
12.02.01
上海街角だよりを更新しました。
河から見る上海
12.02.01
チャイナマンスリーレポート2月号を掲載しました。
海外情勢が落ち着きを示す中、金融緩和の進展を支えに戻りを試す展開に
12.01.31
新潟県における大雪により被害を受けたお客様へ
12.01.31
災害等(地震、台風など)により被害を受けられたお客様へ
12.01.30
国内マーケット情報 今週の見通し (12.1.30)
悲観ニュースが続いてもマーケットは堅調推移、今週以降は決算発表が本格化するが裏腹に好内容が多いと予想する
12.01.27
中国株ウィークリーレポート(0121-0127)
旧正月明けの香港市場は外部環境にも助けられ、堅調に推移
12.01.25
N-STAGEバージョンアップのご案内
12.01.25
N-STAGE WEB画面変更および機能追加のご案内
12.01.25
中国株情報 第87回 1/25オンデマンド放送のお知らせ
12.01.23
国内マーケット情報 今週の見通し (12.1.23)
フランス、スペインの国債入札が順調で安心感、米国決算も概ね好調、日経平均株価9000円超への戻り展開へ
12.01.20
中国株ウィークリーレポート(0114-1020)
連休前の両市場は主要統計を手がかりに続伸
12.01.20
マーケットチャートコメント(1月20日)
一度動き始めた相場は簡単には反転しない。
12.01.20
【中国株】オンラインセミナー録画放送(2012年1月19日分)
12.01.18
【新規銘柄取扱い開始】宏創高科(08242)
12.01.17
【新規銘柄取扱い開始】聯合水泥(01312)
12.01.17
【新規銘柄取扱い開始】允升国際(01315)
12.01.17
【新規銘柄取扱い開始】太古地産(01972)
12.01.16
【中国株レポート】昨年の総括と今年の注目ポイント
○昨年の本土・香港の両市場はいずれも調整相場に沈んだ。 ○背景 ○値上がり・値下がりセクターの特徴 ○今年の注目ポイント:新年の主要イベントスケジュール(予定)
12.01.16
国内マーケット情報 今週の見通し (12.1.16)
ユーロ9カ国格付け引き下げ後の成り行きを見守りながら、米日企業決算のプラスサプライズに期待したい
12.01.13
中国株ウィークリーレポート(0107-0113)
政策期待から買い戻しが先行、本土は10 週間ぶりに反発
12.01.13
【新規銘柄取扱い開始】瀚洋控股(01803)
12.01.11
【新規銘柄取扱い開始】華衆控股(06830)
12.01.11
【新規銘柄取扱い開始】開世中国(01281)
12.01.11
【新規銘柄取扱い開始】匯力資源(01303)
12.01.11
【新規銘柄取扱い開始】栢能集団(01263)
12.01.11
中国株情報 第85回 1/11オンデマンド放送のお知らせ
12.01.10
国内マーケット情報 今週の見通し (12.1.10)
米国景気回復期待の高まりが欧州問題の不安を和らげる展開が続く中、わが国自動車業界の再飛躍に注目
12.01.06
中国株ウィークリーレポート(1231-0106)
新年第一週も薄商い、神経質な地合いは変わらず
12.01.06
【新規銘柄取扱い開始】易通訊集団(08031)
12.01.06
【中国株】参考ポートフォリオ更新のお知らせ
12.01.05
【新規銘柄取扱い開始のお知らせ】中国融保金融集団(08090)
12.01.04
中国株情報 第84回 1/4オンデマンド放送のお知らせ
12.01.04
チャイナマンスリーレポート1月号を掲載しました。
市場動向 2012年の中国株式市場見通し
12.01.04
日本株マンスリーレポート1月号
前半は海外要因で低調続くが、後半は日本の回復力が浮き彫りになる展開へ
12.01.01
新年のごあいさつ
口座開設の注意点

当サイトに掲載されている情報は、情報の提供を目的としたものであり、証券投資の勧誘を目的としたものではありません。情報内容につきましては、弊社が信頼できると考える情報源から得た各種データなどに基づいたものであり、内容等においても万全を期しておりますが、その正確性および完全性について弊社が保証するものではありません。当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害や不利益について、弊社は一切の責任を負いません。また、掲載された情報の内容は、予告なしに変更したり削除したりすることがありますので、あらかじめご承知ください。個別銘柄にかかる最終的な投資判断は、政治、経済、為替等のリスクを十分にご理解いただき、他の資料なども参考に、ご自身でなさるようにお願いします。なお、掲載されている内容の著作権は、原則として弊社に帰属します。目的や手段の如何にかかわらず、弊社の許可なく、転用、複製、販売することを禁じます。