内藤証券

マーケット情報

お取扱商品のマーケット情報をご覧いただけます。

お客様サポート

取引方法やよくあるご質問等をまとめています。お探しの情報が見つからない場合は、お電話でお取引店へお問い合わせください。

国内株レポート

2018/02/01 国内株マンスリーレポート2月号展望:米国株の一時的調整で日本株も下落 市場動向:米国株高が日本株を後押し 特集1:第2回ロボデックス展 特集2:2月、3月の株主優待銘柄
2017/12/29 国内株マンスリーレポート1月号2018年の相場展:外需・成長・中小型株が買われ年央高 世界経済は米国を中心に成長が加速 日本経済は輸出と設備投資が主導 2018年の株式見通し
2017/12/01 国内株マンスリーレポート12月号展望:当面は急伸後の値固め局面へ 市場分析:高値波乱後、上昇一服 特集:株価上昇基調の主力銘柄に注目
2017/11/01 国内株マンスリーレポート11月号展望:年末に向けて一段高も 市場動向:約21年ぶりに2万1000円を回復 特集:CEATEC見学記‘17
2017/10/02 国内株マンスリーレポート10月号展望:値固め後は水準切り上げへ 市場動向:3カ月ぶりに年初来高値を更新 特集1:5Gで世界が変わる 特集2:「個別銘柄のトレンド局面」6分類
2017/09/01 国内株マンスリーレポート9月号展望:波乱含みの相場だが、先行き期待は高まる 市場動向:北朝鮮リスクで下げに転じる 特集1:18.3期1Q決算まとめ 特集2:9月の株主優待銘柄
2017/08/01 国内株マンスリーレポート8月号展望:保合い放れのタイミングが近づく 市場動向:2万円大台を挟んだ保合いが続く 特集1:18.2期1Q小売り決算 特集2:8月の株主優待銘柄
2017/07/03 国内株マンスリーレポート7月号展望:米中経済の減速が夏場の株価調整要因 市場動向:緩やかに下値を切り上げる展開 特集1:「個別銘柄のトレンド局面」6分類 特集2:FOOMA JAPANからのインプリケーション
2017/06/01 国内株マンスリーレポート6月号展望:日経平均株価2万円の上抜けは難しい 市場分析:トランプ大統領の弾劾リスクを意識 特集1:18.3期会社計画まとめ
2017/05/01 国内株マンスリーレポート5月号展望:業績動向や株主還元を見極める展開 市場動向:リスク回避の動きから一段安に 特集1:17.2期決算まとめ 特集2:GNT(グローバルニッチトップ)企業に注目
2017/04/03 国内株マンスリーレポート4月号展望:日本株は世界の景気拡大局面で上昇へ 市場分析:後半に円高進行、調整含みに 特集:小売業月次売上高
2017/03/01 国内株マンスリーレポート3月号展望:テーマ性のある内需関連が底上げ 市場分析:円安進まず、もみ合い相場続く 特集:17.3期3Q累計と16.12期決算まとめ
2017/02/01 国内株マンスリーレポート2月号展望:業績上方修正を織り込み一段高へ 市場分析:大発会は急伸、その後は調整含み 特集:ロボット
2017/01/04 国内株マンスリーレポート1月号2017年の相場展望:年央は期待感の調整、年末はリフレの本格化で上昇 - 「世界経済は不確実性を伴うもリフレ状態に」「日本経済は景気対策と金利差で高めの成長」「2017年の株式市場見通し」特集:人工知能(AI)

マーケットレポートへ戻る

国内株式・国内ETF・ETN・REIT・上場新株予約権証券(ライツ)に係るリスク
株式等は株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は連動対象となっている指数や指標等の変動等、上場投資証券(ETN)は連動対象となっている指数や指標等の変動等や発行体となる金融機関の信用力悪化等、上場不動産投資信託証券(REIT)は運用不動産の価格や収益力の変動等、ライツは転換後の価格や評価額の変動等により、損失が生じるおそれがあります。※ライツは上場および行使期間に定めがあり、当該期間内に行使しない場合には、投資金額を全額失うことがあります。
国内株式・国内ETF・ETN・REIT・上場新株予約権証券(ライツ)の手数料について
国内株式 国内ETF・ETN・REIT・上場新株予約権証券(ライツ)に係る手数料はお客様の取引形態により違いがあるため、投資にかかる手数料についてはこちらをご確認ください。
国内株式 国内ETF・ETN・REIT・上場新株予約権証券(ライツ)に係る取引は、クーリング・オフの対象にはなりません。
信用取引のリスク
信用取引は取引の対象となっている株式等の株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。信用取引は差し入れた委託保証金を上回る金額の取引をおこなうことができるため、大きな損失が発生する可能性があります。その損失額は差し入れた委託保証金の額を上回るおそれがあります。
信用取引の手数料について
信用取引の手数料はお客様の取引形態により違いがあるため、投資にかかる手数料についてはこちらをご確認ください。
信用取引は、クーリング・オフの対象にはなりません。