マンスリーレポート

4月のスクリーニング

'18.3.26 投資調査部

ネットキャッシュ比率が高い企業 
~株主還元が期待でき、財務安定性も高いキャッシュリッチ企業~

 

業績予想は変更される場合がありますのでご注意ください
(下表はデータ更新をいたしません)

選択条件 ・東証1部上場、TOPIX1000指数採用銘柄、金融除く。ネットキャッシュ比率((手元流動性-有利子負債)÷時価総額×100)が10%以上、直近実績期の営業キャッシュフローとフリーキャッシュフロー(営業キャッシュフロー+投資キャッシュフロー)がプラス。直近実績期が営業黒字、直近予想期が前期比営業増益、次期予想期が同10%以上増益。QUICKコンセンサスの直近予想期営業利益が会社計画を上回る。直近予想期の配当利回りが1%以上より選択。

選定された銘柄

銘柄スクリーニング

クリックして拡大 上表をクリックすると別枠で大きな表が開きます


   
(3/26 浅井)




国内株取引のリスク
株価の変動、および為替の変動等(外国株式の場合)により損失が生じるおそれがあります。
国内株取引の手数料について
国内株の手数料は多岐に渡っているため、このスペースに表示するのが難しいため、詳細は国内株の「手数料とリスクについて」でご確認ください。
株式は、クーリング・オフの対象にはなりません
詳しくは手数料とリスクについてをご覧ください。