選考・採用

内藤証券の求める人物像は?

バイタリティーに溢れ、向上心がある人。笑顔を絶やさず、大きな声で明るく対応ができる人。正直で誠実、前向きさを忘れない人。お客様からも社員からも信頼される為には、これらの要素が必要不可欠だと考えます。

応募にあたっての資格(学部や専攻、その他)の制限はありますか?

学部学科不問、文理不問です。新卒・第2新卒・既卒も自由に応募して頂けます。また、金融商品や投資についての知識がゼロの状態でも問題ありません。入社後の研修で必要な内容が学べますので、ご心配は無用です。

求められる語学力(英語・中国語)のレベルは?

基本的に営業現場での語学力は不問です。配属部署によっては外国語を多用する業務もございますので、スキルをお持ちなので有ればそれに越したことはございません。

選考試験について教えてください

新卒の方はまず、マイナビリクナビキャリタスからエントリーをお願いいたします。当社ではエントリーシートの提出はございませんので、会社説明会に予約をし、その後筆記選考および適性検査に通過後、数回にわたる面接に臨んでいただきます。選考が進む中で日時が合致しない場合は、個別対応も可能ですので、お問い合わせください。

入社前までに身に着けておくべき資格やスキルはありますか?

入社前までに証券外務員資格2種及び1種に合格していただく必要があります。内定者の方には、会社から学習支援としてe-learningや計算問題集などを提供しています。

その他入社にあたり推奨していることはありますか?

学生時代は自由な時間を有効に使って、勉強だけでなく、趣味・教養・ボランティアなど、様々な経験をしておくことをお勧めします。人間力を高めておくことがひいてはお客様との対話や対応への広がりに繋がっていくからです。入社後は学生時代と異なり、社会人として1日のうち多くの時間が拘束されますので、金融業に携わるにあたって必要な資格や知識があれば、業務に直接役立てることもできます。

支店訪問やOB/OG訪問は可能ですか?

当社の社員との対話や現場の雰囲気から当社を理解し、業務を把握して頂く機会として、ご要望を承っておりますので、面接時もしくは内々定後に、採用担当部署まで必ずお申し出ください。後日、日時調整をし、訪問設定をさせて頂きます。事前連絡なしまたは支店や現場への直接的なご連絡やご訪問は、対応が困難な場合がございますので、お控えください。

外国籍や留学生の受け入れも行っていますか?

国籍には制限はございません。現在、様々な部門に複数の外国籍の社員が在籍しております。

中途採用を募集する頻度と部署について

それぞれの部署において、採用時期や採用数等は不定期に募集をしております。お問い合わせは当社ウェブサイトをご確認のうえ各地区採用担当までご連絡願います。受付は、当社ウェブサイトからのエントリー、書類送付、書類持参で承っております。尚、在職中の方の選考につきましては、平日の中でご希望に沿うよう日時調整させて頂いております。

働く環境

社風について教えてください

当社は学歴・年齢・性別等に関わらず実力主義であり、自己研鑽と自己責任を奨励している会社です。情熱的な人や元気な人が多く、年齢や経験に関係なく、自分が頑張った分が確実に待遇面等で反映される仕組みになっております。自発的に考え行動する方、自分を高めていく方にとっては、働き易い職場だと言え、フットワークの軽さが生かせる環境でしょう。

社員同士の交流はありますか?

年に一度、全国の社員が一堂に会する『社員大会』が行われます。プライベートでも、社員同士の交流が行われています。休日にはマラソンや野球、ゴルフなど、気の置けない仲間や上司と共に出かけたり、平日でも懇親会や飲み会で気分転換している部店が多いです。同期同士だけでなく、年齢や部門を問わず、社内にぜひ相談できる相手や一緒に何かを楽しめる人を多く作って欲しいと思います。

社員のワークライフバランスはどのように保たれていますか?

全社的に水曜日と金曜日をノー残業デーとして、早帰りの推奨をしています。1~2年目の新入社員においては、まず残業は発生しません。当社では部門を問わず就業時間内に1日の業務を終わらせるべく、社員一人ひとりが生産性や作業効率を考え自立的に行動することを、一義的な在り方として捉えています。

女性の働き方について教えてください

女性社員の活躍は目覚ましく、当社においても大きな戦力であり、様々な部署で多様な女性が勤務しております。妊娠~出産に際し、育児休業制度を取得した後、復帰時に時短制度を活用し、結婚後も家庭と仕事を両立している社員が多く活躍しています。それぞれの環境や状況もありますので、現場の上司と相談しながら勤務について調整を行うこともあります。

女性の管理職はいますか?

当社でも当然のことながら性別問わず、能力や実績、人間力等により、管理職となる人が決定されています。昨今、多くの企業でダイバーシティが進められている環境の中、国内外問わず働き方や価値観が更に多様化しています。専業主夫の方も増加、外国籍の方そしてLGBTの方々が共に働く時代ですので、女性の働き方や管理職の有無といった考え方自体が狭いことかもしれません。

人事評価制度について

各々の部門、階層、担当や役職に応じた社内基準に則り、年2回人事考課を行います。その評価結果が7月と1月に反映されます。

内藤証券独自の制度や取り組みはありますか?

自分の意見や改善案などをトップに直接伝えることのできる≪ボトムアップ制度≫や、他部署を経験することを目的とした≪社内留学制度≫などがあり、ニーズや時世に応じ、制度改革を実施し、新しい施策に取り組んでいます。

仕事・配属

初配属の勤務地希望は通りますか?

社会人初めての配属先は大きな意味を持つ転機でもあり、ご自身の状況やご希望にできるだけ沿うような形での人員配置となるよう、内定後に一人ひとり状況確認や希望配属先のヒアリングを行います。会社組織ですので、必ずしもご希望通りの配属先になるとは限りませんが、組織と個人間で調整を行いながら、勤務地を決定しております。

新卒は営業(総合職)からのスタートということですが、他の業務への希望は出せますか?

職務系列(総合職・担当職・専門職・一般職・コール職)の変更希望については、原則として年に1回、毎年11月に希望を申告することが可能です。最終的には経営判断により、変更の可否が決定されます。

入社後、営業ですぐにお客様の引き継ぎはあるのですか?

当社においては、総合職営業の新入社員へのお客様の引き継ぎは行っておりません。入社1年目はまず新規開拓からスタートし、徐々に自分のお客様を作って頂きながら、数年を経て引継ぎが行われます。

入社後、営業での個人目標値はどのように設定されていますか?

入社後は新規開拓からスタートし、ご自身のお客様を作って頂くことになりますが、当社では入社後2年間個人の目標値設定はありません。証券の営業はノルマが厳しい、仕事がハードというイメージを過度に持っている方も多いと思われますが、お客様の大切な資産をお預かりする仕事であり、先ず第一に信用が無ければお取引は成り立ちません。お客様が安心してお取引をして頂けるような人材が育つにも、お客様との関係構築に於いても、ある程度の時間が必要であると考えているからこそ、若手社員には当初の時間を有効に使いながら営業を学んでもらいます。

定期的な異動の有無とその頻度は?

社内規定において、具体的配属期間や定期異動等は明示しておりませんが、基本的に総合職については、転勤や異動の対象となります。組織の事業方針や配属先のニーズに応じ、異動が発生する為、個人により頻度や回数は異なります。自己申告による異動も可能である為、部門と社員の要望が合致すれば、部門を異動するケースもあります。

福利厚生

リフレッシュ休暇はありますか?

有休とは別枠で、年8日間のリフレッシュ休暇があり、上期に5日間、下期に3日間という内訳で全社員が取得するものです。休暇の取り方によって、最短3~9日連休となります。

社宅制度について

社宅制度には、家族同伴で赴任する『一般社宅』、既婚者が単身で赴任する『単身赴任住宅』、独身者が赴任する際の『独身社宅』の3種類があり、現在の居住地から赴任地への通勤が困難であると会社が認めた場合に、当該従業員の居宅として住宅施設を借り上げます(原則、赴任地への通勤が困難な場合とは、片道2時間程度と定義しています)。当社規定で上限金額の設定はございますが、家賃+共益費の4割(東京地区)か5割(その他の地区)負担で利用が可能です。

産前産後休暇、育児休業制度等

就業規則には、特別休暇にあたる、産前6週間(多胎の場合は14週間)、産後8週間の産前産後休暇制度を設けています。また子供が1歳2か月に達するまでの期間に、出生日以後の産前産後休暇と育児休業期間との合計が1年まで育児休業を取得可能な旨定めています。現在、当該休暇・休業取得率及び復職率は100%で、制度を上手く活用しながら、仕事と家庭の両立をしている社員が殆どです。また、この他に産休復帰後、満3歳に達するまでの子供を養育する従業員は、1日の所定労働時間を6時間まで短縮できる育児短時間勤務や所定外労働の免除等の制度も利用することができます。

介護休業・介護休暇制度等

介護休業においても、所定の条件下において対象家族1人につき3回まで(原則として、通算93日間の範囲内で)取得することが可能です。介護休暇制度は、要介護状態にある家族の介護その他の世話をする従業員が、当該家族1人の場合は1年間につき5日、2人以上の場合は10日を限度として、取得できるものです。

その他の福利厚生は?

【制度を知る】→【福利厚生】をご参照ください。

研修・教育

研修制度について

証券会社の現場では、日々最新の情報収集の必要が有り、当社の人事評価については、年齢や職歴に関係なく会社の貢献度により給与が決まる成果主義・能力主義を採用しています。その為、研修に於いても金融関連知識やコンプライアンスに特化したものが多く、内定者に対しては、外務員資格支援としてe-learning配信やテキスト配布、新入社員には【Q28:入社後の新人研修の内容を教えてください】のカリキュラムに加え、試用期間後はフォローアップ研修や毎月1度新人研修を開催しています。部門別・階層別対象者へは、外部講師や協会等によるフォロー研修、全社員向けには、コンプライアンス講習や定期テストの受検、中国への海外視察旅行等もございます。

入社後の新人研修の内容を教えてください

大阪本社に全新入社員が1か月間滞在し、社会人としてのビジネスマナー研修及び証券営業員としての金融基礎や営業スキル等の研修を受講します。研修は社内講師及び外部講師によるものを提供しています。社内における座学だけでなく、支店見学やお客様が参加するセミナー、投信会社や協会のプログラム等にも参加しながら、業務の全体感に触れて頂くと共に、同期同士の絆を深めて頂く大事な期間であると位置づけています。証券自体が特に若年層には馴染みのない業態ですので、新人研修ではまず基礎知識や業務取扱を中心にお教えします。

資格取得支援制度について

金融関連資格の受験の際は、受験費(回数制限有)や各試験の難易度に応じ、合格後は『資格取得一時金』や『資格取得維持費』などの報奨制度が充実しており、自己研鑽に励む社員に対してのサポートは万全です。