弊社の新卒採用は、営業職で広く募集を行っております。内藤証券の営業スタイルは、徹底した顧客第一主義。お客様一人ひとりに対してニーズを把握し、何に投資していただくかは、自分で情報を収集し、分析し、銘柄を探して、ご提案します。それは同時に現場第一主義ということでもあります。

今はインターネットで直接株式を売買できる時代。そんな中、お客様もわざわざ営業員を介して株式投資をする訳ですから、分析力・相場観を持つ金融のプロであることが求められるのです。

もちろん組織である以上、経営方針などのガイドラインがあり、営業員という職務上、目標数字は存在しますが、その数字を達成する方法は、基本的に現場やそれぞれの裁量に任されており、特定の銘柄やファンドを販売するノルマはなく、自由度の高い会社です。内藤証券は、「現場を大切にすること」が、ひいては顧客満足の追求につながると考えているからです。

いちばん大切なのは、お客さまからの“信用” を得ること。内藤証券の営業員は、「お客様の資産をいかにうまく運用するか」という軸と常に向き合って仕事をしています。

インタビュー

服部 健太
橿原支店 営業グループ 2007年入社橿原支店 営業グループ
2007年入社
一番大切なのは顧客との信頼関係。
だから、自分が納得できないものは売らない
堀 将志
田辺支店 営業グループ 2000年入社 田辺支店 営業グループ
2000年入社
顧客数約700名。
お客様がどんなに増えても
「いつも謙虚に、素直に」が私のポリシー
中井 祥博
金沢文庫支店 営業部グループ 2003年入社 金沢文庫支店 営業部グループ
2003年入社
プロの資産運用アドバイザーを目指すなら
内藤証券は最適の会社